結婚式で失敗しないスーツ選び【男性編】

内羽根・外羽根の違いやチップの種類、値段の相場やオススメの革靴メーカーなど

ホーム > 服装選びの基本 > 革靴の選び方

結婚式にふさわしい靴の種類・色

 革靴にも様々な種類がありますが、結婚式では「内羽根ストレートチップ型」の黒い靴が定番となります。

Best
内羽根式
ストレートチップ
外羽根式Uチップ プレーントゥ
内羽根式ストレートチップの革靴

最も定番の形。フォーマルなシュチュエーションには、これを履いていけば間違いありません。

外羽根式Uチップの革靴

カジュアルよりなので、結婚式には適切ではありませんが、この手の靴を履いてくる人は比較的多いです。

外羽根式Uチップの革靴

ベストではありませんが、フォーマルなのでこの靴でも特に問題はありません。

内羽根式
ストレートチップ
外羽根式Uチップ モンクストラップ
内羽根式ストレートチップの革靴

華やかなイメージで結婚式に向いてると考える方もいるかもしれませんが、カジュアル向きのシューズなのでフォーマルな場面では不適切です。

外羽根式Uチップの革靴

主役は新郎新婦ですから、ゲストは光物の付いた靴はできるだけ避けたほうが無難です。

外羽根式Uチップの革靴

完全なカジュアルもしくはビジネスシューズですので、結婚式には相応しくありません。

また、革靴の茶色はカジュアル感が非常に強いのでNGです。

外羽根式?内羽根式?

 革靴には「外羽根式」と「内羽根式」があります。

 違いは、紐を結う部分の造り。

 外羽根式は、カジュアル向きとされていますので、結婚式などのフォーマルな場面では「内羽根式」の革靴が適切です。

内羽根式 外羽根式
内羽根式 外羽根式

ストレートチップ?Uチップ?ウイングチップ?

 また、つま先にも違いがあります。

 沿って縫い目が一線になっているのが「ストレートチップ」、Uの字になっているのが「Uチップ」、Wの字になっていて装飾があるものが「ウイングチップ」です。

 これも状況によって使い分ける必要があります。

 Uチップ型・ウイングチップ型はカジュアル向き、ストレートチップがフォーマル向きです。

ストレートチップ Uチップ ウイングチップ
ストレートチップ Uチップ ウイングチップ

どれぐらいの値段の革靴を選べばいい?

 だいたい2万円~3万円程度のものを購入しておけば間違いありません。

 数千円の安い革靴もありますが、やはり素材感やデザインが非常に安っぽいです。

 しかし、いくら質の良い靴を履いていたとしても、「ヘタヘタで履き潰している」「色落ちしている」「汚れている」というような状態の靴はみっともないです。

逆に、お金が無くて良い靴が買えなくても、きちんと磨いてピカピカに手入れした靴であれば、印象は悪くありません。

 「オシャレは足元から」という言葉があるように、身なりに気を使う人ほど足元には気を使いますし、他人の足元も良く見ています。

 何かと後回しにされがちな部分ではありますが、結婚式に出席する前にはしっかり磨いてピカピカにしておきましょう。

オススメの無難な革靴は?

 おすすめは、「スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)」の内羽根ストレートチップ型↓

 値段の割に品のある素材感、美しいラインデザイン、完璧です。

 私が大好きな靴の一つ。

結婚式スーツレンタル