結婚式で失敗しないスーツ選び【男性編】

ブラックスーツとダークスーツの違いや結婚式で着ていくのにふさわしいスーツについて

ホーム > 結婚式のスーツ選び悩み集 > ブラックスーツ・ダークスーツとは?

 ブラックスーツは、いわゆる「略礼服」と呼ばれているもので、その名の通り真っ黒の無地スーツです。

 ダークスーツは、ビジネスなどにも良く用いられる濃紺やダークグレーのスーツでピンストライプやシャドーの装飾がしてあるものもあります。

 結婚式では、どちらを着てきても構いません。

 「ブラックスーツ」は日本基準の礼服、「ダークスーツ」は世界基準の礼服。日本で「礼服」と言えばブラックスーツの事ですが、どちらも格式的には同等です。

 20代・30代ぐらいの若者ほどダークスーツを好み、40代以降の方になると、ブラックスーツを好む傾向があります。

 しかし、田舎の結婚式では「結婚式=礼服」といった風潮が未だに残っていたり、逆に都会のカジュアルレストラン等の式であればダークスーツの傾向が強いこともあり、一概にはどの服装が正解とは言えません。

 どうしても心配な場合は、新郎新婦や式場に連絡してアドバイスを求めてみるのも良いでしょう。

 ただ、どの結婚式でも無難なのはブラックスーツですから、迷ったらブラックスーツを選ぶのも良いでしょう。

 周りがダークスーツだらけだったとしても(まず無いでしょうが)、ブラックスーツを着ていることが間違いでもありませんし、他人も「ちゃんと礼服着てきたんだな」としか思いません。

ブラックスーツ ダークスーツ
ブラックスーツを着た20代男性
ピンストライプのダークスーツを着た20代男性 ダークスーツ(紺色)を着た20代男性

上司や先輩の結婚式やギチギチに堅い雰囲気の結婚式、田舎の結婚式などでは基本のスタイルとなりますので、迷ったらこれが無難。

若者の多くが好み、ラフな雰囲気の式などにも良く着用されています。友人や同僚の結婚式などにもおすすめ!

結婚式スーツレンタル